忍者ブログ
 
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080201.jpg080202.jpg





















修善寺の朝です。

とっても気持ちの良い朝でした。

旅館の衣装箱がすっかりお気に入りのちゃーる

ベット代わりにちょっと拝借して、ぐっすり休めたご様子^^

こんなに気持ちの良い朝だから、いつも通り朝の散歩に出かけました。

080204.jpg080203.jpg





















旅館のドックランで朝つゆに濡れながら思いっきり遊ぶちゃーる

普段はリードナシで走り回るなんて所ないから、とっても喜んでた~

ちょうど仲居さんが来て、ちゃんと朝のごあいさつ。

若いおねえさんが好きなのは、yukiに似ているかも・苦笑

ドックランから、ひとしきり散歩をして、ちゃーるも用をたし^^ 旅館に戻りました。

いつもの朝のお散歩も結構気持ちが良いのですが

所変わった同じ時間の風景は、これまた気分も変わって楽しいものですね。


旅館に戻って、温泉につかり、食べきれないほどの朝食をいただき

すっかり旅の朝を満喫

身支度を整え、良い休養になった旅館を後にしました。


2日目、向かった先は前回「河津桜」を見に行った河津町へ

ワンコも入れる河津バガテル公園へ行きました。

080207.jpg080205.jpg





















080208.jpg080206.jpg





















バラがメインのこの公園。

時期的に満開のバラは楽しめませんでしたが、フランス式庭園は見事なものでした

ちゃーるもいっぱい花の中を歩けて満足でしたが、やっぱり暑いのかな?

へえへえしちゃって途中からは抱っこ

気温が高くなければなぁ・・・ 今度はちょうど良い季節に来たいものです。


080209.jpg

そしてお昼ごはんは、

一度行ってみたかったくらの坊

河津町から程近い「四季の蔵」という

ペットと泊まれるホテルの和食処


080210.jpg080211.jpg





















店内は、落ち着いたレトロ風の造り。

峰温泉大噴湯公園の真横にお店があるので、窓からゆけむりの塔が見えます

予約をしていたので、通されたテーブルは個室風になっていて

他のお客さんを気にしないでもちゃーると入れたのがとても良かった。

お料理はというと、これまたとても美味しくて

本格的和食を旅館で食べていたので、こちらの創作和食がとっても新鮮で

ホントに美味しかった。

写真は、ものの見事に食べるのに一生懸命でありません・苦笑

080212.jpg080213.jpg





















残念ながら、ワンコ用の食事はないのですがお水を用意してくれます

ちゃーるはテーブル下のタイルが気に入って食事中もおとなしくしてました^^


帰りは、海岸線を眺めて帰ろう~♪ってことで

伊豆の海や海水浴客を眺めながら家路に向かいました。

特に渋滞のストレスもなく帰れたので、ちゃーるも車の中ではご機嫌でした。


ちゃーると一緒の旅、ホント楽しかったね♪

また来ようね!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
たわいのない日々の記録 と 陶芸の こと
           
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
freema
ありがとうございました。
New comment
[11/03 ちーぼ]
[07/30 ことは]
[07/29 taketake]
[07/29 taketake]
[07/23 ことは]
counter
profile
HN:
miya
性別:
女性
自己紹介:
陶芸をすこしだけたしなんでおります。
作品の紹介やできるまでなんかをちらほら・・・
なんでもない日常も記録して。

since 2007.05.01 copyright(C)2007 sora all right reservd.
library
お気に入りの本の紹介です♪
search in the blog
Weather information
What time is it now?
Bar code & material
忍者ブログ [PR]
   Designed by Pepe